レンタルサーバーとクラウドの比較

クラウドとは何か
クラウドとは雲を意味する言葉でありクラウドコンピューティングを指しています。
パソコンの利用者はネットに接続出来る環境を整えることでサービスを必要な時だけ利用していけるといった考え方のことでもあり、ある程度定義がばらけているのが特徴です。
クラウドにはアプリケーション・プラットフォーム・ハードウェア及びインフラといったものがあり、それぞれのモデルによって特徴が異なっているのです。
例えばアプリケーションはソフトウェアのサービスを提供するモデルのことであり、プラットフォームはミドルウェアとOSを事業者が渡しつつ特定のアプリケーションの実行環境を整えるといった感じとなっています。
ハードウェア及びインフラは事業者が提供するがミドルウェアとOSといった開発環境は開発者自身が自由に選択出来ます。

レンタルサーバーとの比較
クラウドとレンタルサーバーはそれぞれ独自の特徴と利点がありますから、利用する際には比較を行い一番良いものを見つけ出しましょう。
例えばクラウドは初期費用が無料・ユーザー規模が大規模な為交流しやすい・CPUとメモリの増減が可能といった利点がありますし、レンタルサーバーはホームページや簡易ECサイトを作るのに適しておりすぐ利用出来るメリットもあるので利用者の都合に応じたものを見つけ出さなくてはいけません。
クラウドはカスタマイズの幅が広く組み合わせ次第でパフォーマンスが大幅に向上されるといったメリットもあります。

【関連サイト】
エンジニアが教える!レンタルサーバー比較ランキング

最新記事